敏感肌で脱毛できませんでした

敏感肌の女性

私は敏感肌ですぐに肌荒れが起きるため脱毛ができませんでした。

 

ムダ毛の自己処理をしても、いつも肌が赤くなってヒリヒリするので困っていました。

 

シェーバーでの剃毛は真っ赤になりますし、除毛クリームはヒリヒリ痛くてたまりませんでした。

 

ブラジリアンワックスもやってみましたが、その後はしばらく皮膚科通いです・・・。(汗;)

 

脱毛してみようとサロンでカウンセリングを受けてみたのですが、やっぱり断られました。(涙)

 

そんなときネットで見つけたのが、敏感肌用の脱毛だったんです。

 

詳細はこちら

 

どうも新しい施術方法の脱毛みたいです。

 

これまでの脱毛と言えば、古くはニードル脱毛という針を当てて電気で熱を毛根に与える方法で、とにかく痛いらしいです。

 

今主流となっているのは、クリニックでのレーザー医療脱毛か、脱毛サロンでの光脱毛(フラッシュ脱毛)ですね。

 

どちらも、光の強さが違うだけで、基本的に光を毛根に当てて脱毛する方法ですね。

 

あと最新の脱毛方法として蓄熱式という、毛根ではなくて毛を包んでいる周辺すべてに熱を当てて脱毛する方法があります。

 

これは蓄熱式脱毛(SHR脱毛)というらしくて、これも肌に優しいので敏感肌でも大丈夫な脱毛みたいです。

 

そして、今回見つけたのがハイパースキン脱毛といって、これまでとは全く違う考え方の施術方法らしいのです。

 

【全身脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロンディオーネ

 

これまでの脱毛が毛根や周辺の毛包に光で熱を当てていたのに対して、ハイパースキン脱毛は毛の種にアプローチするものです。

 

つまり、従来の脱毛方法は毛が生えている状態のときに施術するのに対して、ハイパースキン脱毛は毛が生える前の状態のときに施術するんです。

 

なので、照射する特殊な光はとても優しい光で、肌にダメージが全くなく敏感肌でも大丈夫というわけです。

 

敏感肌でも大丈夫というより、敏感肌のために考えられた脱毛方式で、敏感肌専門の脱毛サロンがあるんです。

 

もちろん、敏感肌でない人も全然大丈夫ですよ。^^

 


脱毛サロン「ディオーネ」

ディオーネはハイパースキン脱毛で施術する大阪で生まれた敏感肌専門の脱毛サロンです。

 

敏感肌専門脱毛サロン「ディオーネ」の施術風景

ディオーネ」の施術風景

 

今では脱毛専門サロンとして全国2位の店舗数を誇るサロンとなっています。

 

【全身脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロンディオーネ

 

敏感肌専門だからといっても、全然普通の肌質の人でも脱毛OKなので、このハイパースキン脱毛はこれからの施術方式の主流となるかもしれませんね。

 

これまでの脱毛は、毛根に含まれるメラニン色素に反応させる方法だったので、金髪など薄い色の毛や、産毛などの細い毛、日焼けや色黒の肌の人は脱毛できませんでした。

 

でもハイパースキン脱毛は毛の種にダメージを与えるので、メラニン色素は必要なくて、普通の肌質どころか日焼け肌の人や色黒の人まで脱毛が可能なんです。

 

敏感肌といってもちょっと敏感な人だけでなく、なんとアトピーの人だって脱毛できるというから驚きですね。

 

さらに、ディオーネに通っている人の一番若い人の年齢は、な、な、な、な、なんと3歳!!!ビックリですね。

 

子供脱毛』というメニューがあるのですが、3歳からの施術が可能な脱毛サロンなんです。

 

3歳の子供でも大丈夫なくらい肌に優しい施術方法なので、敏感肌の人でも全然問題ないということなんですね。

 

公式HPはこちら

 

脱毛専門サロンんは、この他にも沢山ありますが、ディオーネをはじめ、いろんなサロンがこちらで紹介されています。

敏感肌の原因

敏感肌になる原因は、肌の角質が正常な状態でないことによります。

 

角質は皮膚の最も外側にある薄い層であり、皮膚の水分を閉じ込めておく機能と、紫外線や細菌など外部からの刺激から守るバリア機能を持っています。

 

この角質の機能が正常に行われないと、肌が乾燥したり、外部からの刺激が角質を通りぬけて皮膚内部に入り込んで、様々な症状を引き起こします。

 

これが敏感肌の原因ですが、症状としては、かゆみ、ヒリヒリ感、赤み、ほてりなどがありますよね。

 

敏感肌の症状

では、なぜこのような敏感肌になるかというと、そもそも体質的に肌が弱く外部からの刺激をブロックできずに受けてしまう、先天的な場合や加齢による老化があります。

 

後天的に敏感肌になる要因としては、@生活習慣・食習慣の乱れや仕事のストレスなど、A過度あるいは肌に合わないスキンケア等により肌を逆に傷めつける、B女性の場合はホルモンバランスの乱れ、などが考えられます。

 

先天的な体質やホルモンバランスの乱れなどはスグに対策できるものではありませんし、生活習慣や仕事などの生活環境は簡単に変えられるものではありませんよね。

 

敏感肌の予防としてスグに行えるものと言えば、やはりスキンケアの見直しだと思います。

 

最近は敏感肌用のスキンケアも増えてきていますので、自分の肌に合っているか確かめた上で使用すれば良いでしょう。

 

あと、良かれと思いついしっかりと肌を洗浄してしまうことも敏感肌の要因になりますので注意しましょうね。

 

洗浄のしずぎは、肌を守っている皮脂などを取り除いてしまい、乾燥することによって敏感肌になってしまい、さらに乾燥するという悪循環になってしまいます。

 

敏感肌は原因は分かっても簡単に治せるものではありませんので、そういう肌でも脱毛できる施術方法があるというのは嬉しいことです。

 

あまり敏感肌だからと言って気持ちも敏感になるのではなく、敏感肌を受け入れて敏感肌に対応したものを取りいれていく気持ちも大事だと思います。

 

【全身脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロンディオーネ

敏感肌の悩みと対策

季節の変わり目にはかなり気を使います

敏感肌で季節の変わり目になると、荒れたりかゆくなったりするのが悩みでした。

 

すぐに頬が赤くなりかゆくなってくるので、メイクをするのも嫌だったこともあります。

 

もちろん、化粧のノリは良くないしかゆみはあるしで、仕事を終えて帰宅したらすぐに洗顔をしていました。

 

敏感肌用のスキンケア品は、ただ刺激がないだけで、肌を良くするようなものを感じなかったのでいつも迷っていました。

 

そこで、どんなときにかゆくなりやすいのか、赤くなりやすいのかを考えてみたのです。

 

手帳に毎日書き込みました。

 

それで分かったのが、朝の洗顔後に一番肌が敏感になっていたのです。

 

クリームタイプの洗顔を使っていましたが、もともと皮脂が少ないのに更に取ってしまうようなことをしていたのではないかと思い、洗顔料を使うことをやめました。

 

鼻の油っぽさや、顎のざらつきが気になるときにはそこだけ洗顔料を使うようにしました。

 

そうしているうちに、頬が赤くなることが少なくなってきたのです。もちろんかゆみも落ち着きました。

 

そうなると、どうしても、肌悩みを改善したいと思うようになりました。

 

でも機能性スキンケア品を使うと、すぐに肌が荒れて元に戻ってしまうのです。

 

今はまだ使う時ではないと言い聞かせて、肌を普通の保湿用スキンケア品が使えるくらいまでにしようと頑張りました。

 

ぬるま湯で洗顔しても、つっぱるようだったり、乾燥を感じるときには、ふき取り用のスキンケア品を使いました。コ

 

ットンにたっぷり含ませて軽く滑らせるようにしました。季節の変わり目には、人一倍気を使いました。

 

その甲斐もあり今は美白のものまで使えるようになりました。

 

朝の洗顔は相変わらず、ぬるま湯かふき取りです。

 

スキンケアの一番始めが一番大事だと思うので、これは変えていません。

 

以前はマッサージも使えなかったのですが、いまはマッサージも出来るようになりました。今は、スキンケアを楽しんでいます。

敏感肌用脱毛サロン

 

敏感肌の悩みやどうやって対策するのかについて

原因はいまいち分からないのですが、敏感肌というものになってしまいました。

 

敏感肌の状態になってから、顔の肌が乾燥しやすくなってカサカサしてしまい、少しの刺激でとても痒くなるという、非常に厄介なものでした。

 

痒くなる部分は、肌が赤くなってしまって、見た目的にも良くないものだったので、普段外を出歩く時にも、自分の肌が気になってしまいました。

 

敏感肌による、肌の見た目を気にしてしまうストレスも溜まっていってしまいました。

 

病院などを色々と回ってみたのですが、自分の肌の状態を改善するのは難しいのか、中々乾燥してカサカサするのと、痒くなって肌が赤くなるのが治りませんでした。

 

このままでは年を取っていくごとに、肌がどんどんと、ボロボロになっていってしまうのではないかと、怖くなってしまい、日常生活の見直しを始めました。

 

敏感肌に良いとされるビタミンや、タンパク質を多めに摂取出来るような食事にして、特にスキンケア商品に気を使うようになりました。

 

 

スキンケア商品を選ぶ時に気を付けていることは、肌に潤いを与えてくれるものを、なるべく選ぶようにしているということです。

 

カサカサして乾燥しやすい敏感肌には、しっかりと保湿が出来るようなスキンケア商品が、必要になると思ったからです。

 

敏感肌は、一度でもなってしまったら、すぐに治せるようなものではないと思います。

 

焦らずに、自分に合ったスキンケア商品を使って、肌の状態を整えていく必要があります。

敏感肌用脱毛サロン

 

脱毛について思うこと

お風呂タイムは脱毛タイム、時間をかけて入浴しています。

それほど毛深いわけではないので、脱毛はずっと自分でしています。

 

腕に関しては脱毛の必要を感じず、一度もしたことがありません。

 

集中ケアしているのは脇と脛。以前は脱毛クリームを使っていました。

 

敏感肌用を選んではいましたが、肌は結構丈夫なので、肌へのダメージを感じることもなかったのですが、ニオイがだんだん気になりだしました。

 

折あしく、使用上の注意を間違えて覚えていて、1日あけただけで続けてクリームを使ってしまったのです。

 

何だかヒリヒリするような気がして、見ると肌がうっすらと赤くなっていました。

 

以来脱毛クリームってやっぱり使わない方がいいかも、と思うようになり、今は毛抜きでちまちま抜いています。

 

脱毛クリームのお手軽さとスピードに比べると、とても根気がいる作業に思えますが、慣れるとどうということはありません。

 

肌を少しつまんで抜くようにすると、痛みもほとんど感じません。

 

シャンプー前のヘアパックをしている時や、お顔の泥パックをしている時の待ち時間を有効活用して抜いています。

 

入浴時間はムダ毛の処理とともにリラックスタイムでもあるので、たっぷり時間をかけています。

 

エステに通って脱毛した友人もいますが、永久脱毛してしまうのも少し不安なのです。

 

脚のムダ毛も抜いてはいるけど、体のためにはホントは必要なもので、だから存在しているのではないかと思ってしまって。

 

ほどほどに抜いておくこともできるし、自分で自由に調節できるのも手作業のよいところで私には合っていると思います。

敏感肌用脱毛サロン

 

本当は脱毛サロンに行きたいけれど脱毛クリームで自己処理

本当は脱毛サロンで全身脱毛をしてみたいと思うのですが、お金も時間もかかるので、自宅で脱毛クリームを使ったりカミソリを使ってムダ毛の処理をしています。

 

以前は毎日カミソリでムダ毛の処理をしていたのですが、肌がヒリヒリして痛くなったり赤くなってしまい、肌荒れが心配になり、現在はほとんど脱毛クリームを使ってムダ毛の処理をしています。

 

入浴時、肌に塗って5分待って洗い流すだけなのでとても楽です。

 

カミソリの時のように肌がカサカサして痛くなることはなく、つるんととてもキレイな肌になるので満足しています。

 

脱毛クリームは毛穴のプツプツはほとんど気になりませんし、カミソリのように毎日ムダ毛の処理をしなくてもすむようになり、脱毛サロンに行かなくても満足しています。

 

それでも、いつか脱毛サロンで全身脱毛をしてもらいたいという気持ちは捨てきれません。

 

気楽な脱毛クリームですが、疲れている時や丁寧に脱毛しなくてはいけない夏になると、ムダ毛の処理って面倒だなぁと思うこともあります。

 

脱毛サロンや医療脱毛について調べたことがありますが、私は医療脱毛よりも脱毛サロンが良いなぁと思いました。

 

何故なら医療脱毛の方が痛いと知ったからです。

 

私は痛みにとても敏感なので絶対に無理だなぁと思いました。

 

脱毛サロンよりも医療脱毛の方が短期間で脱毛が完了するというメリットはあるのですが、痛いということが気になるので医療脱毛することは絶対にないです。

敏感肌用脱毛サロン